Mac

『Magic Mouse2』使用感想。本領発揮にはプラスアルファが必要。

どうも、こんにちは。

元auショップ店員のぽんイケ(@Pon_ike002)です。

先日予期せぬ臨時収入が入ったので、前々から気にはなりつつ買っていなかったAppleのMagic Mouse 2をついに購入しました。初日と1週間以上経った今では印象がガラッと変わったこいつの感想を綴っていきます。

『Magic Mouse2』を買おうと思った理由

僕はYouTubeが大好きです。特にガジェットレビュー系のYouTubeが好きで、好きなYouTuberさんに「KICS イマムラさん」がいます。

この人がひたすらMagic Mouseへの愛を語る動画がいい。

https://www.youtube.com/watch?v=zoQCpvZiu1U

動画では、同じくAppleの『Magic Trackpad』との比較をした上でMagic Mouse 2への愛を熱く語っているイマムラさん。この動画を見て、「なるほど、確かに」と妙に納得してしまい、うずうずしていたところに臨時収入が入り、購入に至りました。

【感想】ぶっちゃけ『Magic Mouse2』はどうなのか?

イマムラさんも触れていましたが、ぶっちゃけMagic Mouse 2はネット上でもネガティブな意見が散見されます。僕も正直、期待半分、不安半分といったところでした。

先にネタバレしてしまうのですが、初日の印象はあまりいいものではありませんでした。しかし、その後「あるアプリ」を導入することで、劇的に改善。

まずは、素直に感じたことから順に。どうぞ。

使ってみた初日の印象

正直に言います。初日の印象は「あれ?なんか使いづらい…」これに尽きました。期待していた操作感とかなり違ったのです。僕がMagic Mouse 2の何に不満を持ったか

『Magic Mouse2』への最初の不満点
  1. マウスが持ちにくい
  2. カーソルが思った程速く動かない

ファーストインプレッションはイマイチな結果。僕が期待していたのは、イマムラさんが語っていたような、動かす範囲が小さくなることからくる疲労軽減でした。しかし、マウスは持ちづらいし、そもそもカーソルをMacの設定でMAXまで速くしても、思った以上に遅い。

遅いと、それだけマウスを動かさないといけない。「完全にミスった…」そう思っていました。けれど、Apple製品のデザインは大好きです。せっかく買ったし、なんとかこいつを使い物になるようにしたい。

そんな時に「あるアプリの存在」を思い出しました。

『BetterTouchTool』によって神マウスへ進化

大学時代、MacBook Airに入れていた『BetterTouchTool』(以下、BTT)Mac使用者ならほぼ全員知っていると言っても過言ではないくらい超有名&超神アプリ。元々は無料アプリでしたが、有料になってしまったのを期に使用を断念していました。

しかし、今回の問題を解決するために有料ライセンスをゲット。これで勝てる!

『BTT』のここがすごい
  1. トラックパッドやMagic Mouseに「ジェスチャー」をより多く細かく追加できる
  2. トラックパッドやMagic Mouseの設定をより細かくいじれる

このBTTのおかげで、『Magic Mouse』が神マウスに進化。以下、どのような設定を行ったかを書いていきます。。

「マウススピード」をより速く

まず、『BTT』でMagic Mouse 2の「マウススピード」を上げました。元々Mac本体の設定でも変更はできますが、『BTT』では本体設定MAXの速さ以上の速度に設定可能。

これによって快適さは劇的に向上!!もうマウスを大きく動かす必要は無くなりました。

『Safari』『Google Chrome』用のジェスチャーを設定

僕はメインブラウザで『Safari』、サブで『Google Chrome』を使用しています。この2つには元々ブラウザバックのジェスチャーが設定されていますが、

今回そこに「新規タブ」「タブを閉じる」「タブを左右へ移動」という3項目をそれぞれ設定しました。

※僕はこれだけですが、実際にはより多く、細かく設定も可能

 

追加ジェスチャー ショートカットキー
新規タブを開く 2本指で上にスワイプ Command+T
タブを閉じる 2本指で下にスワイプ Command+W
右タブへ移動 TipTap右 Control+Tab
左タブへ移動 TipTap左 Control+Shift+Tab

僕の場合、このようにジェスチャーを設定。Magic Mouse 2の大きさ的には3本指のジェスチャーは厳しいと感じるので、2本指が現実的。なおかつ、できる限り直感的に分かりやすいジェスチャーと紐づけました。

もちろん、もっと多くのジェスチャーを設定することも可能です。しかし、あまり増やしすぎると直感的で便利な操作感とは言えません。使う時に「えっと、これは◯本指で◯◯だな」と一瞬でも考えるのであれば、それは脳にとって負担であり、かえって不便です。

『Magic Mouse2』は買い。ただし『BTT』必須

『BTT』の2つの設定によって、僕のMagic Mouse 2は神マウスへと覚醒しました。設定してみて思ったのですが、「持ちにくい」と感じていたのも、カーソルの速度が遅かったせいだったようです。

遅いと、より大きくマウスを動かす必要があります。そうなると、マウスの持ち方を工夫しなければいけません。しかし『BTT』でカーソル速度をさらに上げてからは、操作性が劇的に向上した為、マウスの移動幅も最小限になりました。

ハッキリ言って、Magic Mouse 2はそれ単体だとイマイチ使いにくいです。こいつの秘めた可能性を解放させる『BTT』と併用して、初めてその真価を発揮できます。

『Magic Mouse』+『BTT』これが最適解ですね。